キャビテーション後のアルコール摂取は要注意!

アルコールを普段よく口にする人がエステでキャビテーションを行う場合、施術後のアルコールの摂取は出来るだけ控えておいた方が良いです。
どうしてキャビテーション後はアルコールを控えた方が良いのか、その理由についてはいくつかあります。

まず、キャビテーション後は2,3時間程度は食べ物を食べると吸収効率が高まってしまっている状態であり、お酒も油断しているとかなりカロリーがあるのでせっかくキャビテーションで痩せようとしても効果が弱まってしまうという事が挙げられます。
ダイエットするためにもキャビテーションを行うのだから施術直後はアルコールに限らずにカロリーの摂取は控えておくべきです。

もう一つの理由としてはアルコールは肝臓で分解されて無害な成分に換えられるようになっていますが、これがキャビテーション効果を妨げてしまう可能性もあるのです。
キャビテーションを行う事で脂肪が体外へ排出されるようになっているのですが、脂肪が体外に排出される際には肝臓で処理をされた上で排出されています。
今説明したようにアルコールも肝臓で処理されるので、アルコールの処理のせいで脂肪の処理が妨げられてしまう事も考えられるのです。

さらにアルコールを分解する際には水分が用いられてしまって水分が少なくなり、脂肪排出には水分が重要である事からも脂肪を体外に排出する能力が落ちてしまうという事も挙げられます。

普段飲酒する習慣がある人にとっては辛いかもしれないですが、このような理由があるために一日だけでも我慢するようにしてください。