三菱東京ufj銀行口座が活躍するモビット、審査で使われる個人信用情報機関とは

三菱東京ufj銀行の口座が非常に活躍するモビットですが、申し込みをする際の審査ではどのようなことが行われているのでしょうか。
審査では、信用力と返済能力を調査しています。
ここでは信用力を調査するために使われる個人信用情報機関への情報照会についてご説明していきましょう。

5社あった個人信用情報機関は現在吸収などを経て3社になっています。
内閣総理大臣に指定されている信用情報機関ということで指定信用情報機関と呼ばれることもありますがいずれも同じものです。
個人信用情報機関で登録されている情報は非常に詳細です。
いつどこのローンに申し込みをしたのか、返済状況はどのようになっているのか、そのようなことが事細かに管理されています。
調査される信用力というのは、過去のキャッシングなど債務の実績です。
確実に返済をしていたことはもちろんのこと、利用期間が長ければ自転車操業に陥っている可能性もあり危険視されることがあります。
登録されている情報は永久的に保存されるものではなく、一定期間保管されているものです。
短いものでは半年、長ければ5年間は保管されています。

過去にキャッシングの経験がないという方でも、今、よく耳にする機会があるかもしれませんが携帯電話料金の未納によって審査に通らないというケースも増えています。
不安がある場合には個人信用情報機関に情報開示請求をするとよいでしょう。
手数料が1,000円かかりますが、どの情報でも漏れのないように3つの個人信用情報機関からの情報を集めることが必要です。